XV-Z9000レビュー 投射映像編

  • 2004/08/29 (日) PM 20:40
br-z9000.jpg
▼ 投射映像

では、実際に投射した映像を見てみましょう。各入力端子の映像を試してみました。
残念ながら、同じ映像での比較が困難のため、「こんな感じ」程度の物しかアップ出来ませんでした。(^_^;)

なお、D4端子以外の接続は途中AVアンプを経由しているので各ケーブル5m+1mとなっており、
D端子ケーブルにおいては、AVアンプが非対応のためチューナ同梱のケーブルを直接Z9000へ接続してます。
コンポジット入力は一応、試してはみたんですけど・・・音声用のケーブルしか無くて(^_^;)
長い映像ケーブル持ってないので、載せませんでした。むしろ、このクラスのPJでコンポジットで見るのはどうかと思うケド。

それから、1125i/720p/525p入力はD端子に限らず、入力2のコンポーネントでも入力可能です。
実際に2mのコンポーネントケーブルを接続して視聴してみましたが、まぁ大して変わりませんねぇ・・・
ケーブルを長くするとそれなりに変わってくるのかもしれませんが信号の安定性を考えるなら同軸ケーブルの方が良いのではないでしょうか。D端子ケーブル1本にY/Cb/Cr/IP/GNDが入っているかと思うと気持ち的にちょと・・・ねぇ(^_^;)
私自身、BSデジタルチューナ持ってないので、当分は関係ないけど。

DVD(コンポーネント端子/525i入力)
DTSデモディスク 映画「U-571」
船内の様子。この映像は結構暗いけど、黒の所も潰れることなくちゃんと表現できてるのが素晴らしい!
DTSデモディスク 映画「U-571」
水中爆破のシーン。波しぶきの白さが従来の液晶と比べ全然違います

アニメ「ちっちゃな雪使いュガー」
コンポーネントマスター仕様+スクイーズ収録で、結構綺麗ッス!
アニメ「ちっちゃな雪使いュガー」
バラの赤も綺麗ですなぁ。
高コントラストって感じ
視聴機材
SHARP DV-S200
DENON AVC-A1D
BSデジタル放送(D4端子/1125i入力)
BS-h「姫路城」
やっぱりハイビジョンが綺麗!
525i入力よりもスッキリした映像になります。
「受信状態悪い」と表示していますが、画質に影響するほどの状態ではありませんでした。音は出なくなったけど・・・(T_T)
BS-h「姫路城」
壁の白さもなかなかのもんです!
それと、「唐破風」という文字もクッキリ表示してます。HDTVスゲェ〜


BS-h「姫路城」
ハイビジョンと言えば屏風関係を出してきますね。
やはりこの手の映像を見るとハイビジョンは高精細だなぁと感じさせてくれますね。
BS-i「TIME OVER (CM)」
背景のCGも綺麗に出ます



BS-i 「ちっちゃな雪使いシュガー」
これからはアニメもハイビジョン放送の時代ッスか!?


BS-i 「ちっちゃな雪使いシュガー」
1125i ですが放送局側の問題で輪郭がギラギラします。他社製PDPでも確認しましたがやはりこの番組だけそうなる様です。チューナ・PJ自体には問題なし。
視聴機材
SHARP TU-HD1(提供 MAKIさん)
地上波放送(S端子)
地上波「NHK」
レターボックスで放送してるのをZOOMサイズにて表示。
地上波「NHK」
こちらはワイドサイズにて表示。
地上波「NHK」
さすがに、普通の映像になると地上波の粗さが出てきます。所詮、地上波!って感じ?
でも、私の住んでいる地域自体、受信感度良くありません(T_T)
地上波「NHK」
レターボックスサイズで放送しているの標準サイズにて視聴してみました。普段よりも更にちっこくなる(T_T)
それでも、32インチワイドよりも大きいけどね。
視聴機材
Victer VX-G1(エアーチェック)
DENON AVC-A1D
アナログBSをS-VH3倍録画再生(S端子)
さすがに、3倍録画した物を76インチぐらいに大きくするとジッターノイズが目立ってきます。
アニメーションなど、輪郭がはっきりしてる物ほどよく分かるような気がします。
ただし、画面サイズを標準にして視聴すればそんなに気になりません。
それと、視聴する位置によっても見え方は変わってくると思います。

←特にこの拡大した画像ですと輪郭部が”ゆらゆら”してるのが分かると思います。

視聴機材
Victer VX-G1
DENON AVC-A1D

▼ 感想

初めて投影した時はスクリーンが無かったのでワイド80inch位の特大ポスターの裏面を使用して視聴していました(笑
友人が持ってきたDVD(アニメ)で視聴!
初投射映像をみて一言、「ポスターを見てるみたいだー!」 
(スクリーンはポスターだけどね・・・(^_^;)

DMDデバイスを使用している為、ドットとドットの隙間が分かりにくいのが非常に良いです。
LCDだと格子状に見えがちですが・・・
Z9000は
1チップDMD方式のため、欠点として「カラーフリッカー」又は「カラーブレーキング」が見える事があります。
ただ、この現象も個人差で見える人・見えない人がいます。悲しいかな自分は見えちゃいます(;´д⊂
まぁ見えると言っても常時ではなく、時々程度です。気にせず映画にのめり込んでいる時は気づきません。

Z9000でDVDを視聴するのも良いのですが、やはりハイビジョン映像の方がすぅーごく良いです!

正直言ってXV-Z9000は非常に超高価なPJです。自分自身、購入するまで結構悩みました。
何度も、実機を見たりユーザーのHPを閲覧したりして製品の良い悪いを理解した上で購入に踏み切りました。
このHPを見て少しでも参考にしていただければと思います。

ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋 ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

Comments:0

Comment Form




Remember personal info


TOP > AV機器 > XV-Z9000レビュー 投射映像編

検索
Search
カスタム検索
Amazon.co.jpアソシエイト
フィギュア/ドール/衣装
figure/Doll


POPメイト「ミュウ ビキニバージョン」

東京ドール(ビキニ)ホビーサーチ
※レビューはコチラ



























モバイルサイト
for Mobile

http://taitan-no.net/m/


※PCではアクセス出来ません。

週間アクセスランキング
Weekly Access Ranking
アクセスランキング

Page Top