VSA-AX10Ai-Nレビュー Advanced MCACC ソフトウェア編

  • 2004/03/02 (火) PM 15:58
■Pioneer Advanced MCACC
ソフトウェア 測定した残響特性をPC上で確認できるソフトです。「Advanced EQ Setup」で補正時間位置を決定するときや、残響対策の効果を確認するときにこのグラフを参考に出来ます。
各スピーカーの「距離と能率の差」による「遅延とレベル差」はグラフを見やすくするため、補正されたものを表示します。周波数特性に関しては補正なしで表示します。
また、測定したデータはCSV形式で保存でき、Excelなどのソフトで数値としても見れます。 なお、当ソフトウェアは製品に付属しておりません。入手方法は、パイオニアの「お客様のページ」上でユーザー登録が必要。その後、以下の所からダウンロード出来ます。
ソフトウェア・ファームウェアダウンロード
ダウンロード内容は、「ソフトウェア」「ソフトの取扱説明書(PDF形式)」があります。
説明書には測定波形の解説や、悪い波形の改善方法などが紹介されています。
アンプからパソコンへ測定データを転送するには、RS-232C(クロスケーブル)を使用する。
転送時間は5〜10秒ぐらいかな?そんなに長く感じません。


起動画面 最初にパイオニアHP上で公開されたのは、
Version 1.1

スピーカーの周波数特性 (図はLch)
各スピーカは色別で表示
"Channel memo"欄にテキスト入力できる
全スピーカーの周波数特性 (図は8kHz)
各周波数は色別で表示

3Dグラフ以外に2Dグラフでの表示も可能
波形としては2Dの方が見やすいかも
2Dも上記同様、周波数・ch別に表示可能
63Hzのようにグラフ外に出ているときは、
縮小又はレベルを変更すればよい。

3Dグラフでの一括表示も可能
この状態でも視点・拡大・縮小が変えられる
2Dグラフでの一括表示も可能

参考までに、実際に測定したデータです。
New Data.zip
ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋 ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

Comments:0

Comment Form




Remember personal info


TOP > AV機器 > VSA-AX10Ai-Nレビュー Advanced MCACC ソフトウェア編

検索
Search
カスタム検索
Amazon.co.jpアソシエイト
フィギュア/ドール/衣装
figure/Doll


POPメイト「ミュウ ビキニバージョン」

東京ドール(ビキニ)ホビーサーチ
※レビューはコチラ



























モバイルサイト
for Mobile

http://taitan-no.net/m/


※PCではアクセス出来ません。

週間アクセスランキング
Weekly Access Ranking
アクセスランキング

Page Top